ガラスコーティングのDIYは最強のピカピカレインの紹介です。

ガラスコーディングのDIY施工が流行している理由とは。

ガラスコーディングのDIY施工が流行している理由とは。

一般的に車にガラスコーティングを施行するには5万円から10万円かかるのが相場です。

 

しかしながら最近では、ガラスコーティングをDIYで行う方が増えています。

 

 

その理由と言うのは、現在セルフでガラスコーティングが出来る
「スーパーピカピカレイン」というコーティング剤が発売されているからです。

 

 

値段は、8千円程度で購入可能です。

 

 

DIYでガラスコーティングは難しいと思われる方が多いと思います。

 

 

しかし、そんなに難しくはありません。

 

 

ガラスコーティングで一番大切なのは「下地作業」です。

 

 

この下地作業と言うのは、油脂や汚れを取り除いたり、
大きなキズが無いかを確認したりする作業です。

 

 

これをやらずしてコーティングすると、
車体が汚いままコーティングするという事になります。

 

 

メーカーがお勧めしているのは新車で購入してコーティングしていない方や、
購入から2〜3年の比較的新しい車に対してです。

 

 

なぜなら、新しい車ほどこびり付いた油脂や、どうしようも無い水垢等が少なく、
ほとんどは下地作業で取れてしまうからです。

 

 

DIYでのコーティング作業は非常に簡単です。下地を行ってから、
ピカピカレインをスポンジに数滴垂らし、薄く塗っていき直ぐに拭き取る。
それの繰り返しです。

 

コーティング自体はそれ程難しくはありません。
メーカーの口コミがそれを証明しています。

 

自分でコーティングするだけで破格の値段で施工出来るのであれば、
このガラスコーティングのDIY作業が流行るのもご納得頂けるのではないでしょうか。


ホーム RSS購読 サイトマップ